保育士の転職求人おすすめ

保育士 転職|絶対に成功させるための秘訣を教えるサイト

保育士 転職を絶対に成功させるための秘訣を教えるサイトです。

保育士の仕事に付くまでの大変さとは

 

 

このところ、保育園・保育士さんについてのニュースがよく聞かれます。保育士さんと言えば、子ども好きで、優しい人向けの微笑ましいお仕事のイメージがしますよね?

 

でも、そう。そんな生易しいものではありませんでした。

 

これから、私が体験したお話しをしたいと思います。私は、保育士の資格を取るべく、何回か資格試験を受けました。また、大学を卒業していれば、それがたとえ、保育関係でなくとも、教育実習は受けなくてもかまいません。ですが、私は、私立保育園の園長先生にお願いし、自主的に5日間の教育実習を受けさせてもらった経験があります。

 

☆やっぱり、若さが必要なのね・・・

 

実習1日目。想像以上にすることが多くてびっくり。とにかく、休む間がありませんでした。たくさんの子どもたちが一斉に登園する朝の保育園は修羅場と化します。元気いっぱいの子どももいれば、朝から目に涙をためている子もいます。

 

体調がすぐれない子もいたりして。お仕事前で時間がない保護者の方から、子どもたちの様子をきき、手帳に目をとおします。体温のチェック、トイレに行かせたり・・・・・子どもたちは、それぞれ、好きなおもちゃで遊び始めます。保育園での1日の始まりです。すると・・・・・

 

どこからともなく聞こえてくる大きな声。

 

「せんせ~い、○○ちゃんが私のおもちゃとったぁ~」怒りと困惑の叫びが教室に響きます。

 

「これは、僕が使うんだから・・・・・」

 

あたりがにぎやかに。

 

なだめに入るとそのグループは落ち着きますが、背中には違う子どもが乗ってくる(笑)

 

「せんせ~い、あそぼうよ~」

 

反対の手を引っ張る子もいます。ぎゃ~体がばらばらになりそう・・・・・

 

10時のおやつの頃には、結構体力を消耗しています。それから、お散歩や外遊びをして、お昼です。お昼は、戦争・・・・・・・

 

早く食べれる子、ゆっくりしか食べれない子、好き嫌いが激しい子、お隣の子にちょっかいを出す子。もちろん、先生がご飯を食べる時間はありません。子どもたちが無事お昼を食べ終わるのを心の中で祈りながら、手際よく業務をします。先生たちが、お昼を食べるのは、お掃除をして、お昼寝をさせてからです。お昼寝の間に、手帳にコメントを書き、出来る雑用は済ませます。

 

☆実習3日目、まさかのダウン・・・・・

 

子どもが好き。仕事が好き。それだけでは、全然足らないものがありました。1日大切なお子様をお預かりしているのですから、責任重大です。

 

緊張と忙しさは半端なものではありませんでした。実習3日目の朝、熱を出して寝込んでしまいました。体力にはわりと自信があっただけに、ショックは大きく、自分の未熟さが情けなく思えました。

 

資格試験も結構大変です・・・・・

 

保育士の資格試験は教科数7~8教科あります。市販の問題集を真面目にやっておけば、たいてい通るをは思いますが、2日間あり、一般の社会人の方なら、時間とお金が必要になります。

 

ピアノや、絵、お話しなどの実技試験もあります。1次試験と2次試験があります。

 

晴れて資格がとれても・・・・・

 

園によって、待遇の差はあると思います。また、仕事のきつさからなのか、先輩先生のご指導が厳しくあることもあります。

 

ですから、仕事のない日にうまく気分転換する必要があると思います。

 

☆いろいろあるけど、ほんとに素晴らしい仕事であることは間違いないから・・・・・・

 

本当にこの仕事をやりたい人が、気持ちよく、温かく子どもたちに向き合えるような制度つくりは急務だと思います。

 

そして、これから保育士さんになりたいあなたへ。

 

子どもたちは、あなたを待っています。だから、いろいろ難しいことはありますが、どうかあきらめずに、上手く乗り越えてください。

 

あなたならそれができるはず。

 

そして、この仕事はこれからもなくなることはないでしょう。もし辛くて辞めくなった時は、他の保育園なども検討するといいです。

 

私の知り合いも保育士転職ランキングなどを活用していました。それでいいところにつけたといっていたので。

 

心優しいあなたが、子どもたちのそばへたどり着けますように。

 

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー